組織計画

 SSWer配置プログラムにおける教育委員会によるアプローチを、1)(年度ごとの)事業開始にむけて情報収集、2)戦略を練る、3)管理、以上3つのカテゴリーに必要とされる項目を整理し、スクールソーシャルワーカー配置プログラム 組織計画図を作成した。
 

(年度ごとの)事業開始にむけて情報収集を行うために、まず、学校・地域の実態を把握し、課題を分析することが必要となる。その上で、教員以外にソーシャルワークの視点や専門性を持つ人材が介入することが必要であるという認識を持ち、情報収集を行う。これまでに行った課題分析の結果と、広く収集した情報とをもとに戦略を練るための土台を作成する。管理段階
 
 

では、職務内容の設計、事業の配置、SSWerの資質の向上と維持、事業・実践の評価、事業の拡充を行う。

 

以上3つのカテゴリーをより効果的に実施するために、SSWerのマクロアプローチが重要となる。

 

2