A-4 生活保護就労支援プログラムを実施するための環境が整っている

posted in: 心理教育普及 | 0

    意義と目的 プログラムの実施環境を整備することで、スタッフは支援要素の目的に集中できるようになります。スタッフがそれぞれの持っている知識やスキルを充分に発揮できる環境を整えることはスタッフの士気そして自立支援意識の向上にもつながります。   具体的な支援内容 プログラムを円滑に進めるためには環境が整っていることが重要です。限られた予算の中で、どのような環境整備に費やすかの優先順位を明確にするには、地域にどのような社会資源があるかを明確に把握する必要があります。協力事業所(NPOや企業)の新規開拓結果が出てくれば、新規事業所との話し合いの中で必要な環境整備の優先順位の明確化が可能です。   効果的な援助要素 □ 利用者が検索に使用できるパソコンがある □ 就労支援員が公用車を使うことができる □ 利用者に電話のかけ方を指導するために携帯電話がある □ 目の前で面接の受け方を教えるための衣装がある □ 就労支援スタッフのケース記録を電子化してケースワーカーやSVが共有している  

1 2